なぜ須佐屋がジビエ料理を通して、「鹿」というものを有効活用しようとするか、今回の記事で書きたいと思います。

須佐屋のジビエ・店のコンセプトボードはこちらです。

ジビエプロジェクトポスター

今、出雲圏域の山々には、鹿が大量発生しております。出雲市作成の「鳥獣被害防止計画」によれば、鹿の被害(造林、田畑、稲作を荒らす)は、他の動物に比べて段違いに多く、被害総額も相当なものです。大雑把にいって「被害をもたらす害獣は、鹿」なのです。

詳しくはリンク先のpdf資料をご覧ください。

鹿(ニホンジカ)の生息範囲は、出雲の北方山地です。大社や平田地域です。数年前までの被害総額はおおよそ7500000円。これを市は、今年・平成28年に3752000円にまで落ち込ませたいと願っておりますが、なにぶん鹿の数は多く、対策が難しいところです。

しかし問題はただ被害総額を少なくすればいい、というだけの話ではありません。この「獲れた鹿肉」を有効活用しなければ、ただ生ゴミとして捨てるだけ。それはあまりにあまりだ。そういう思いから、須佐屋をはじめとする猟師・猟友会、ジビエに携わる方々は、知恵を絞らせています。

害獣として「駆除」した鹿は、そのまま「廃棄」されます。打ち捨てられるのです。……これは、我々出雲の山里に生きる者として、あまりにもったいないことだ、と思います。

鹿は確かに害獣です。ですが、害獣だからといって、生命に対する畏敬の念を忘れて、右から左に処理・廃棄する、というのは、山里の民として、倫理にもとる行為です。

ならば。
獲れた鹿を、いかにして有効活用していくか――これが、須佐屋が日々考え、ひとつでも新しい方法で、鹿肉の新たな一面を皆様に見せていきたい。そういう「ジビエプロジェクト」を、須佐屋は展開しています。

鹿は、家畜ではありません。山に生きる命です。なればこそ、そのような命を、ひとかけらも無駄にはしてはなりません。
須佐屋は日々研究を重ね、普通に取れるロース、バラといった肉のほかに、これまで「食肉として使い物にならなかった」首肉や、スジの堅い肉などを、コンフィやミンチにして、いろいろな肉の展開を研究中です。そのうちのいくつかは、皆様にも大変おいしい、とご評価をいただいています。

(出雲市の取り組みは、上記pdfの「6. 捕獲等をした対象鳥獣の処理に関する事項」を参照してください)

 

出雲の鹿は、今はまだ田畑を荒らす害獣です。ですが、猟師や、レストランといった「肉のプロ」が、鹿をうまく取り扱うことによって、「やっかいもの」だった出雲の鹿が、「他にはないブランド」としての出雲の鹿、になれば素晴らしいことだ、そう思って、日々研鑽を重ねています。それが、須佐屋が提唱するブランドとしての出雲の鹿……

――「出雲鹿」なのです。

鹿ロゴ1

 

なお、出雲鹿は、商標登録を取っております。出雲鹿・ジビエプロジェクトの主旨に賛同していただける方は、ぜひご連絡、ご一報をいただければ、幸いに存じます。出雲の山里を活性化させるために、ひとりでも、仲間がほしいのです。

メールアドレスはこちら電話の連絡先はこちらですので、お気軽にどうぞ。

 

s-2010年春祭り粟屋 014

 

須佐屋です。

最近は、フェイスブックページの更新が主となっています。最新情報はそちらをご覧ください。

さて、今年いよいよ春めきまして、須佐神社の春祭です。

例年通り二日間、祭が行われます。

例大祭(朝覲祭)は18日、 陵王舞は19日です。

 

例年より早い桜の開花で、桜はほぼ散ってしまいましたが、
いよいよ小春日和、といったところの、暖かい陽気です。

s-20150411_111945

祭当日は、須佐屋ももちろん営業いたします。

お足休めにでも、お立ち寄りくださいませ。

s-20150411_111905

去年の祭の記事は、こちらです。こちらのほうが、より詳細に記述しております)

須佐屋では、古布(こふ)を使った、織物や雑貨を取り揃えております。

かつて着物であった布を使い、すべて地元のひとの手作りで、心暖まる和やかな、昔ながらの民芸品となっております。

須佐の地にいらした記念に、ぜひおひとつお手元に。

 

今年も、須佐神社の夏祭の季節がやってまいりました。

日程は、8/15(金)

午前11時に切明神事、

午後3時に念佛踊り、

午前10時~午後4時まで、お茶席を設けております。

夜祭は、午後6時半ごろからはじまります。

詳しくは、上記桃色のチラシをご覧ください。

 

去年の夏祭の様子は、以下の記事を参照してみてください。

平成25年8月15日

 

 

20140712_101611

まだまだ須佐(島根県出雲市佐田町、の東。須佐神社近辺)は梅雨が抜けませんが、このように、神社の近くは、山々の緑が青々としています。

一面にさあっと田園が広がります。先日須佐に訪れた方は、「近くではこのような田園風景は見ることが出来ない」と仰っていました。

今となっては、貴重なものなのかもしれません。日頃この地で暮らす私たち(店主やweb担当)は忘れがちではありますが……。

 

今年の夏は、このような自然を味わうことができる、須佐の地へとご旅行でも、いかがでしょうか?

神社では、昔ながらの夏祭りも行われます。(どのようなものなのかは、過去記事を参照ください

また、民泊施設・一縁荘(いちえんそう)での宿泊ご予約も承っております。

近日中に正式なページを作成します(仮ページご用意しております。左メニューから、もしくは、こちらのリンクから参照ください)

1078901_00027_l

先日より、須佐屋では、wi-fiでの無線LAN回線が利用可能になりました。

しかし、フリースポットではありません。無線LAN回線使用には、キーコードを入れる必要があります。

キーコードは、来店して下さったお客様にのみ、直にお知らせします。ご遠慮なく、店員にお申し付けください。

佐田町の飲食店では、wi-fiのサービスを始めたのは、当店がはじめて。つまり、今のところ当店だけの模様です。

須佐神社でのご参拝のあと、大切な思い出となる写真など、SNSサービスに投稿してみるのも、また今風の「参拝」「お参り」なのではないでしょうか。

web時代に即し、便利になりました須佐屋でのお休憩、店主はじめ、店員一同、お待ちしております。

↑このページのトップヘ