出展各社の製品の、コマーシャル動画です!


二幸 絆屋
たまき 波積屋

けんちゃん漬

それから、これは今回の催事ではないのですが、
同じ大阪での島根の催事ということで、
大社食品、原寿園、絆屋、けんちゃん漬の各社も出ています

関係各位の皆様、情報提供、お待ちしております。

「出雲の國フェア」関連の情報リンク集です。

現在、一丸となって、阪急百貨店の催事でがんばっておりますので、
催事に訪れたかたがた、また、出展物にご興味のわいた方々、
情報をチェックしてみるのも、また一興かと存じます。
●阪急公式アナウンス
また、各出展業者の公式HPは、今日の記事もご参照ください。
オンライン カジノ

地元で有名な、おいしい漬物

「けんちゃん漬」

「雲太」 「石見銀山なす」の漬物

「出雲杜氏の塩麹」など、他にはないものが並んでいます。

公式HP



「出雲国大社食品」の、

「あご野焼」。

「天ぷら」も実演販売しています。

「あご」は飛び魚のことで、絶品です。

山陰で「天ぷら」といったら、「練り物揚げ」のことです。

公式HP



「福田屋」

島根の銘菓として有名な「若草」「柚菓子」

などを取りそろえております。

公式HP



「玉木製麺」

出雲でシェアを誇る、出雲蕎麦(そば)ブランドです。

出雲空港のそばにある、古民家の建物を使った「波積屋」は、趣のある店です。

公式HP



「株式会社 田部」 

養鶏場から毎日送られる新鮮な卵を使ったプリン

「ままたまご」です。

ままたまご紹介ページ 

田部公式ページ 



「デイリーフーズ誠」

大田(石見銀山の地域です)の名物料理、「角寿司」「さば寿司」です。20130912_103541.jpg
実演販売も行っております。

公式HP


「井ゲタ醤油」

山陰の、甘口の醤油「たまり醤油」や

島根の特産「しじみ」の商品が、 

とても人気です。

公式HP

20130912_102539.jpg

20130912_103632.jpg

20130912_104414.jpg

20130912_104900.jpg

20130912_104939.jpg

20130912_105051.jpg



「出雲の國フェア」本日より、大阪梅田阪急百貨店本店にて、開催されました。

20130911_084815

絆屋のおやき、

20130910_231614

原寿園のお茶や、ぜんざい、

20130911_111214

出西しょうが、ジビエの「出雲鹿」が並びました。
鹿の燻製、ソーセージ、猪などの加工品は初めてという方も、
ぜひご来場、そして、試食がありますのでご賞味ください。予想外のおいしさです。

来る911日から一週間、大阪・阪急百貨店で、

出雲の國フェア

が開催されます。

出雲の地の産物を紹介するこの催事。

各社が、自慢の品々を持ち寄り、「おいしい出雲」を展開します。

こねくと島根」も、この企画に関わり、須佐屋店主もジビエの紹介をします。

「出雲鹿」の反応が楽しみです。

各商品・会社一覧は、阪急百貨店様のHPをご覧ください

また、この催事が開催された折には、

大阪の店主からの情報をもとに、毎日リアルタイムで、このブログで情報を発信・更新していきたいと思っております。

そのような形で、この催事を、そして出雲を盛り上げていきたいです。

・情報各種リンク

 島根県HP

 シェアね県ニュース(Facebook)8月31日分


Page1


Page1_2

8月15日、須佐神社で切明神事があり、
「須佐大宮念佛踊り」が開催されました。

今年は朝から晴れていて、8時ごろから始まるお茶席にも、
たくさんの参拝客が来られ、抹茶と御紋菓を振る舞い、
一日行われる神事と祭の案内をしました。

念佛踊りに合わせ、神社に再度訪れた人がかなりいらっしゃいました。
例年のごとく、同じ祭が毎年続いていきます。

詳細は去年の記事
夏祭(1)
夏祭(2)
をご覧ください。

Dsc00661_3

通常念佛踊りは、舞人が7人です。
本来子役が3人入りますが、
ここ数年、子供がいなく、大人が舞っていました。




 

Dscn2741_2

今年は3歳の男の子3人のお披露目がありました。

この写真は、拝殿で、お払いをした後、隋神門の前で集合し、煙火の知らせと同時に、笛と鐘の音が始まります

 

子供たちは、鼓と太鼓を練習して、近い将来、舞人として登場します。いまから楽しみです。

宮司さんのコメントや、念佛踊りの様子・同保存会会長のコメントも、新聞に載りました。

宮司さんのお話
「須佐の念佛踊りは、これからもこの子らが守っていってくれる」

会長のお話
「念佛踊りは大人と子供が混じって行うもの。ここ数年、大人が子役を演じていたので、この子らを一人前にして本来の姿に返していきます」

4/18、例年通り、御幸(みゆき)行列がありました。

毎年変わりはありませんが、
宮司さんの衣が、赤から黒という、最高の階位
「浄階(じょうかい)」
に、変わり、祭有志一同は、紅白餅を奉納、
お茶席、ぜんざいを振舞いました。

神事・祭が終わり、片づけをしているときに、
黒の紋付羽織袴姿の宮司さんが、お茶席に来られ、
「今日はありがとう」
と、ねぎらいの言葉をかけてもらいました。
突然のことで、驚き、一斉に慌てて
「おめでとうございます」
と、言うのがやっとで、そのお姿を写真におさめることさえ、
出来ませんでした……失敗でした。
でも、目に焼き付いています。

Dscn2249

Dscn2256

Dscn2255

4/19、百手神事も行われました。
Dscn2294

Dscn2296
Dscn2297

↑このページのトップヘ