2012年04月

Photo

(四月現在の須佐神社です)

来る41819日に、佐田町須佐神社では、春祭が行われます。

 

18日には朝覲祭の神事があり、年に一度スサノオノミコトがアマテラスオオミノカミに逢いに行く、という「行幸(みゆき)」の行列があります。

さながら平安絵巻を見ているかのようで、古事記を彷彿させます。

神楽も奉納されます。

 

19日には百手神事として、弓矢を放つことにより、悪を払う、という行事が行われます。

また、陵王の舞の神事もあり、雅楽の音色を背に、鎌倉時代の納蘇利面をつけた舞が中殿で行われます。

 

詳しくは下のパンフレット画像をご覧ください。

Img_0002_5

18日には、地元有志による御茶席が設けられ、参拝客に抹茶と神絞(しんもん)菓子が振舞われます。

また、地元老人会による餅つきも行われます。

Photo_2

(道路を挟み、反対側は天照社です)

 

当店須佐屋としても、この日は特別な日です。

須佐神社の目の前という立地からして、このような伝統ある祭に奉仕できることは、この地の民としても意義深いことであり、また、純粋に楽しみでもあります。

当日は前述の餅や、毎度御好評いただいている、須佐屋謹製太巻き寿司も店に並べます。

 

桜もいよいよ春めきまして、季節は春爛漫といったところです。

どうぞ皆様、佐田町の自然を楽しむとともに、古くから伝わるこの祭に、一度足を運んでいただけましたら、須佐の者として、誠に幸いです。

須佐屋では、古布(こふ)による民芸品、小物なども販売しております。

古布とは、従来着物として仕立てられていた布を、一度裁断して、民芸品や小物などに再生させた品物です。

古布特有の、着物の上品な柄物、細かい刺繍など、それらは、ぬくもり・手作り感溢れる、心和む品々です。

ラインナップを御紹介しますと、

 

・花 350

・お手玉(二ヶ入) 300

・コースター 200

・ブックカバー 800円 

  〃 900

  〃 1200

・ティッシュカバー 400

・きんちゃく 800

  〃 1300

・ポーチ 800

  〃 1000

  〃 1500

  〃 1800

・須佐屋特製コースター 300

  〃   コースター・ランチョンマット 800

・さしこ 700

 〃 900

前回の猪肉製品から間が開いてしまって申し訳ありません。

現在須佐屋で取り扱っている鹿製品のラインナップです。

 

鹿肉

ロース(200g1500

モモ(200g1300

バラ(200g1000

セット(500g3000

 

鹿 ころ煮(ころ煮については「猪肉製品」記事をご覧ください)

 

鹿燻製

ロース(100g250

モモ肉(100g300

 

ジャーキー 600

↑このページのトップヘ