2014年04月

須佐屋では、オリジナルの「太巻」を、祭のたびに作っています。

 

2011 03 12_0522

ぎゅっと巻かれた酢飯の中に、厚焼き卵、味付け椎茸、かんぴょう、高野豆腐、きゅうりが入っています。

写真でお分かりのように、大きい具です。

一本一本、手巻きで作っておりますので、しっかりした食べ応えです。

参拝される皆様にも、御好評いただいております。

 

須佐神社に参拝される際に、おみやげとして、また、小腹が御空きになられましたら、いかがでしょう。

(下の写真のように、店内で御出しすることも可能です)

春祭まで残り20日を切りましたが、須佐屋では、御参拝の方への御予約も行っております。

御連絡は、上のメニューの「お問い合わせ」欄こと、メールフォーム(こちらからもどうぞ

や、お電話、ファックスなどでも承っております。

 

 

メールフォームの題名に「太巻取り置き希望」とお書きになり、

予約数量と、

お名前とお電話番号(確認のために必要です。御容赦ください)

を併記していただければ、当日須佐屋でお取り置きさせていただきます。

よろしくお願いします。

 

須佐屋

TEL:0853-84-1123

FAX:0853-84-0178

photo_2

 

 

 

 

須佐の地(佐田町)は桜が満開になり、春爛漫です。 今年も、春祭の季節がやってきました。

s-2010年春祭り粟屋 014

 

 

例大祭(春祭)は、須佐の氏子たちによる、冬が終わり、芽吹きの春に行われる神事です。 長い間、そのようにして行われてきました。

 

 

 

 

s-2010年春祭り粟屋 008

須佐神社では、春祭は二日間、 朝覲祭(ちょうきんさい)、 陵王舞(りょうおうのまい)、百手神事(ももてしんじ)が行われます。

例大祭(朝覲祭)は18日、 陵王舞は19日です。

 今年もお茶席があります。神事は10時から始まり、行幸行列が終わるまで、2時間あります。

振る舞いの抹茶と神紋菓子でおくつろぎください。

地元の神楽三社中による奉納もあります。

 

須佐神社社務所で発行している「須佐神社の由来」によりますと、

朝覲祭 「天照社へ渡卸(春一回)神饌を供して祭典をする。行幸の行事」

陵王舞 「修理固成、耕田播種の舞楽、古は竜王家という神司がいた。」

百手神事 「悪魔退散、五穀豊穣を祈る神事で、中古以来武将に歓迎せられた弓射の神事である。」

とあります。

2011 08 27_0958

実際の様子については、過去に須佐屋HPの記事でも紹介しております。

この記事は去年の記事で、折しも、須佐宮司さんの階位授与という喜ばしいことがありました。

 

 

 2011_08_27_0956

今年も、いつもと変わらず、須佐神社は春の賑わいをみせます。

どうぞ皆様、春爛漫の美しい、須佐の郷においで下さい。

↑このページのトップヘ