http://www.connect-shimane.com/

Setsubun-sai Festival

節分祭
Posted on: 6th February, 2014

Setsubun-sai Festival

Newspaper estimates three thousand people gathered at Susa’s Setsubunsai festival despite rain.
新聞によると、推定3000人が、雨天にも関わらず、須佐神社節分祭に集まったそうです。

Setsubun 2014 01

On the 3rd of February the annual tradition of Setsubun-sai festival was held at Susa Jinja shrine.  As usual Somin Shorai’s Chinowa rings were given to the visiting worshippers (see information on last year’s blog), and more than 600 kg of lucky bags containing roasted soy beans and mochi cakes were distributed by the invited VIPs.

二月三日に須佐神社で、毎年の 伝統芸能である節分祭が開催されました。
いつものように、蘇民将来にもとづく茅の輪は参拝客に授けられ(去年のブログを参照してください)、煎り豆が入った袋や、福餅は、来賓の 方々が撒かれました。

This year well-known Kagura flute craftsman Tatsuo Hino performed a Japanese flute piece composed by himself for the god Susano-o.   The flute was specially crafted by him for this occasion and presented to the shrine afterwards.  When he started playing the rain also started to fall.  He said the rain is the medium which connects heaven and earth; it is the god’s blessing to purify the ground.  Strange enough when he plays quite often the atmosphere suddenly changes; there is a sudden wind or heavy rain abruptly stops

今年は、有名な神楽笛職人・樋野達夫は、スサノオ神のため、御自身で日本の笛の曲を作成、献笛として吹かれました。
笛はこのために彼によって作られ、この後、須佐神社に納められました。

樋野氏が演奏しはじめたとき、雨がまた降り始めました。
樋野氏は言います。雨は天と地を結ぶものである、と。それは、地面を浄化する神の祝福だと。
不思議なことに、彼が笛を吹くと、一瞬であたりの雰囲気は変わり、雨や風が突然止んだりします。




Setsubun 2014 02Setsubun 2014

On our website his music piece can be heard by clicking the music tab on left top of the home screen.  He is playing his replica ‘Tsuchibue’ earthenware flute dating from the Yayoi Period (300 BC – 300 AD).  He produces Kagura flutes, various other flutes at his オンライン カジノ workshop in Hikawa, Izumo City.  He has performed outside Japan several times.  We will upload a separate blog about Tatsuo Hino shortly.

このウェブサイト(こねくと島 根英国サイト)で、彼の楽曲は、ホーム画面の左上に「音楽」タブをクリックすると、聞くことが出来ます。
樋野氏は「土笛」のレプリカを演奏します。弥生時代の陶器の笛です。
出雲市斐川の、彼の工房で、神楽笛、その他様々な笛を制作します。
彼は海外で数回、公演しています。
私達(ブログ筆者)は、まもなく達夫・樋野に関する個別のブログをアップロードします。

This year for the first time the three generations of Susa priest clan participated the tradition, the head priest Susa, his son and grandson.
今年はじめて、須佐神職一族の三世代、宮司さん、禰宜さん、お孫さんが、伝統を共にしました。

Setsubun 2014

Mayor Nagaoka kindly holding an umbrella for the Head Priest Susa.  Together with his son, he started throwing the bags to commence Mamemaki, ‘bean throwing’ shouting ‘Fukuwah-uchi’ (“Good Fortune to your Home”).  For some 
reason at Susa Jinja they don’t shout ‘Oniwah-soto’ (evil out).

市長は親切にも、宮司さんのた め傘をさしました。
禰宜さんと一緒に、豆まきを開始します。
「福は内」と叫びます。(「あなたの家に幸運を」を意味します)
須佐神社では、何らかの理由で、「鬼は外」(邪悪よ、去れ)は叫ばれません。

This ritual is to drive evil out of the worshippers’ houses and bring happiness and good fortune instead.

この儀式は、参拝者の家の外に 邪悪を追いだし、その変わりに幸福と幸運をもたらすことを意味します。

Wikipedia Setsubun
(ウィキペディアの節分の記事)

Setsubun 2014 04

Head Priest Taketoshi Susa is between his son Negi Priest Takehisa Susa and his grandson Takenori Susa.  Part of their names ‘Take 建’ is the title associated with Japanese mythology hence traditionally used in priests’ given names.
宮司、建紀さん。息子である禰宜、建央さん。お孫さんである、建考君です。
須佐家の名前の字「建」は、日本神話に関連していて、それゆえ、伝統的に須佐の宮司家の神職(後継者)に与えられる名前です。

Children from the two local nursery schools who go up to the infant school in April are traditionally invited to participate.  Takenori is six years old and his nursery class mates are also throwing bags from the opposite Kaguraden dance hall.  Our local City Councilor Itagaki, a member of the shrine committee, is helping young Takenori who will be the next generation priest.
四月に小学校に進学する、二つの保育所の子供たちは、毎年、この祭りに招待されています。
建考君は六歳で、彼の保育所のクラスメイトも、反対の神楽殿の舞台から福袋を投げています。
私達(ブログ筆者)の地元の市議会議員である、板垣実行委員会会長をはじめ、メンバー一同は、連綿と続く須佐家を支援しています。
板垣氏をはじめとする、実行委員会は、いつか次世代宮司となる小さな建考君の傍でヘルプをしています。

Below some of this year’s VIPs
From left:
Shimane Vice Governor Kobayashi
Dr Endale Sisay Mengesha (an Ethiopian gynaecologist currently visiting Shimane University)
Izumo City Mayor Nagaoka
以下は、今年の招待された要人です。
左から、
島根県副知事・小林氏
Dr.Endale Sisay Mengesha(現在、島根大学を訪問中のエチオピア婦人科医)
出雲市長・長岡氏

Setsubun 2014 11

Setsubun 2014

Setsubun 2014

You can also see Kazuo Ohshima, with headband, who produces the Chinowa rings each year.
しばしば、大島一雄氏が居るのを見ることができます。彼は茅の輪を毎年作ります。

Setsubun 2014 03
As usual, Somin Shorai Kagura dance was performed by a local group belonging to Susa Jinja shrine.
いつものように、須佐神社に所属する地元社中によって、蘇民将来の神楽が演じられました。

Setsubun 2014 05

Setsubun 2014 06

Kumano Taisha Grand Shrine also estimated three thousand worshippers gathered, Shimane Governor Mizoguchi and Matsue City Mayor Matsuura among other VIPs distributed ten thousand bags.
熊野大社も推定3000人が集まりました。島根県知事・溝口氏や、松江市長・松浦氏達などの要人が10000の福豆を撒きました。

At Izumo Taisha Grand Shrine’s Kitajima shrine Head Priest Kitajima gave Setsubun-sai prayers for his Izumo-kyo followers, an estimated ten thousand attended.
出雲大社の北島神社では、北島宮司は、集まった出雲教の参拝者のために、節分祭を行いました。