11261797_1060293517337044_6178327887557380801_n

先月9月28日、さんぴーの出雲にて、「出雲鹿グルメフェア」試食会が、しまね地産品発掘協議会(ラルカンシェル・大橋昌典代表)主催により、盛況のうちに行われました。

参加団体(店舗)、各々のメニューは以下のとおりです。(店名をクリックしていただければ、公式HPにリンクが飛びます)

テイスト(出雲市)「出雲鹿とくるみのソーセージ・ブルーベリーマスタード添え」

クルトン(出雲市)「出雲鹿カレー」

トロントセット(出雲市)「出雲鹿ロース肉のステーキ イチジクとスパイスの赤ワインソース」

ゆかり館(出雲市)「もも肉の生姜焼き」「もも肉の竜田揚げ」「しぐれ煮の稲荷寿司」

出雲翠苑(出雲市)「出雲鹿肉の甘酢唐辛子炒め」

炉端かば出雲店(出雲市)

フランス料理ラルカンシェル(出雲市)「ジビエパテ」

せるぽわ(松江市)「出雲鹿の低温コンフィ 彩り野菜とブルーベリーのソース」

ビストロクール(松江市)「出雲鹿のロースト オルロフ風」

創作中華爸爸厨房(松江市)「出雲鹿の杜仲炒め」「出雲鹿すね肉とアキレスのにんにく煮込み」

グランラセーレ八重垣(松江市)「出雲鹿ときのこいっぱいパイ包み焼き”Sukiyaki”グランラセーレ風」

ホテル一畑(松江市)「出雲鹿のタコス」

ヴィーノデッラパーチェ(東京 ※応援参加店舗)「出雲鹿と多伎町産干しいちじくのテリーヌ ラディッキオと茸のマリネ」

 

当店、須佐屋も参加させて頂きました。須佐屋のおなじみのメニュー、「そぼろ丼」です。

 

この試食会は、従来、出雲山林地域において「厄介者」であった鹿を、安心安全な食材として広く知っていただくために企画されたものです。

近年、注目度が高まりつつあるとはいえ、まだ鹿肉の認知度は、それほど高くはありません。ですが、「こんなおいしい食べ方があったんだ!」と、多くの方々に知っていただくため、和・洋・中のシェフが集い、腕によりをかけて、様々な鹿料理メニューを考案、調理しました。

鹿肉の臭み、エグ味といったものを、適切な処理によって排し、逆に鹿肉ならではの柔らかく、ヘルシーな味わいを活かした様々な料理が仕上がり、来客の皆様に、大変ご好評をいただけました。

フェアは出雲、松江両市を中心に、10月15日~11月15日まで参加各店舗で開かれます。参加店舗が、今回の試食会でのメニューを用いて、各々の鹿肉の魅力を追求していきます。

 

しまね地産品発掘協議会のHPはこちら。フェアの最新情報が、随時更新されています。

 

DSCN3874

DSCN3867