カテゴリ: おすすめサイト

今年も、つつがなく、節分祭がおわりました。

約2,500人くらいの参拝客の方々がいらしたと思われます。

s-DSC00799  

 

須佐神社節分祭は、佐田町の保育所の園児(今年は19名)たちを招待して、豆まき行事をします。

この地域の園児たちは豆まきを楽しみにしています。なにせ、この行事が終わると小学校に進学する、というようになるのですから。ひとつの儀式みたいな感じです。

s-DSC00789

 

今年は、須佐神社の宮司さん、禰宜さん、そして来年小学生のお孫さんの「須佐家三代」で、豆まきが行われるという、大変意義深い豆まきになりました。

祖父から父へ、父から孫へ、と、三代が、須佐の地の「神社の守り手」としての在り方を受け継ぐ……

あたかも、その象徴のようで、須佐地域の人々は、感慨深く見守っていました。

 

Setsubun-2014-04

 

今年は島根県副知事小林氏、出雲市長長岡氏を始め、来賓の皆様と須佐家三代の豆まきとなりました。

参拝客はやぐら上の撒き手に、手をたたいたり、「おーい、おーい」と呼びかけて「福」の豆を頂こうとしています。

お孫さんの福豆・福餅は、特に人気でした。

 s-DSC00788

斐川在住・笛奏者、樋野達夫氏の奉納笛は、おごそかに行われました。

笛を吹きはじめたら雨が降ってきました。私達一般人はこうなったら普通「涙雨」と残念に思うものですが、

樋野氏はこのことを、「雨は天と地を繋ぐ唯一のもの、スサノオが降臨して神社を雨で清められた」

と仰いました。

笛を吹きはじめると、御祭神によって、自然現象が変わる事がよくあるそうです。

樋野氏は中央やぐらの上で、その笛を宮司さんに手渡され、献笛をされました。

豆まきが始まる頃には、雨はやみました。

 

節分祭は、豆と餅の袋25,000個以上が撒かれました。茅の輪も授けられます。

蘇民将来の故事にならって、厄除け、無病息災、そして今年一年の多幸を、皆が祈ります。

多くの人々の「幸せ」と「願い」が、これから先も繋がっていくように、須佐の地域は祭をします。

この祭で盛り上がるからこそ、又、一生懸命に祭を行うからこそ、須佐の地域は、今も昔も変わらず、これが未来に繋がっていけばいいと思います。

もしよろしかったら、町外・県外の方々も、来年や、他の祭にもいらしてみてください。

独特の雰囲気があり、素朴ですが暖かい祭です。

※須佐の郷と祭

今年も節分祭の季節になってまいりました。 いまのところ、当日の天候は、くもりの予定です。

節分祭

2月3日、須佐神社境内にて、節分祭が行われます。

今年は、笛奏者で斐川在住の、樋野達夫氏が、献笛を10:00から奉納されます。

神社境内の中心にやぐらを立て、その上で本殿に向かい、献笛されますので、 静かな山々に響き渡り、おごそかな雰囲気に包まれると思います。

須佐神社の祭は、去年も今年も、そして来年も変わりません。 「変わらない」ことに意義があるのです。

例年どおり、奉納神楽(蘇民将来)は、豆まきの前と、 終わったあとに、二回奉納されます。

リンク

節分祭・須佐便り(行事内容)

節分祭・須佐便り(蘇民将来)

節分祭・須佐便り(お役立ちリンク)

節分祭・須佐便り(直会)

これらは、去年の節分の記事です。


須佐神社HP

YAHOO!天気予報

オンライン カジノ

 

チラシ

出雲のお米を使って酢飯にして、
味付けのしっかりした干瓢、きゅうり、椎茸、高野豆腐を、
一本一本、「ぎゅっ、ぎゅっ」と、お手製で巻きます。

しっかりした歯ごたえ、しっかりとおなかに入る感触
山の幸の、里の味をご賞味ください



須佐屋の恵方巻のポイント

・厳選した材料
店主自らが出雲の地の各地を訪ね、材料ひとつひとつを厳選して選びました

・リーズナブルな価格
一本500円
大きさは  cm、食べ応えがある一本です

・節分のお供に……
来たる須佐神社節分祭、たくさんの人出が予想されます。
お参りをして、雉(きじ)鍋を食べ、「ちょっと足りないな……」というときに、
目出度い恵方巻はいかがでしょう

・食べ応え
細巻とは違う、太巻です。
材料をケチらず、ふんだんに大きく、 20cm!
それを一本一本手作りで、しっかりと巻いております。

・新鮮さ
2/3に商品渡しですので、
その前日に一斉に巻きます。
新鮮な味をどうぞ


ご予約は、1/27(火)まで!
須佐屋ご来店の際に、節分祭当日お渡しいたします!(2/3)

秋深くなりまして、最近寒さも厳しくなってまいりました。

須佐の山々が美しく色づく今日この頃、今年も須佐神社新嘗祭が行われます。

 

Page1

 

 

秋の豊穣・収穫に感謝し、「ありがたい」という気持ちを、皆で分け合うお祭りです。

詳しくは、去年の記事

 

毎回行うことは変わらないのですが、

「変えませんし、変わらない」

これは、いい意味で、です。

目先のブームで変わることは、宮司さんをはじめ、この須佐神社をめぐる人たちは、誰も考えておりません。

 

今年も、大根鍋とお神酒の振舞いが行われます。

大鍋の鴨肉と大根の鍋。醤油味。

その数、約2400食。

 

近年、出雲大社遷宮で、島根・出雲にいらっしゃる方が激増しております。

須佐神社もその流れで、沢山の方がお参りに来られます。

 

年に四回ある、須佐神社が「わっ」と活気に包まれる、祭りという瞬間。

日頃静かな境内だけに、その賑わいは特別です。

 

また、これに合わせて、秋の風光明媚なウォーキングイベント

スサノオウォーク」も開催されます。

 

須佐という地域を、全身で感じていただきたい、と思っております。

 

須佐屋は、23日営業いたします。

もしよろしかったら、お疲れになられた際の「峠の茶屋」として御休みになられたり、

須佐でのお土産などで、お使いいただけたら、幸いに思います。


須佐屋HP

 

去る9月17日、台風にも見舞われましたが、
大阪梅田・阪急百貨店にて行われた
「出雲の國フェア」、無事に終了いたしました。

参加企業の皆様…

有限会社 あさつ

けんちゃん漬

出雲国大社食品

福田屋

玉木製麺

株式会社 田部

デイリーフーズ誠

井ゲタ醤油

二幸

原寿園

小伊津海旬房

糸賀製餅店

…皆様、本当にお疲れ様でした!

催事に参加された方、
今回の催事に関心をお寄せいただいた方、
今回の催事で、各社の「おいしい出雲」にご興味をお持ちになられたら、幸いです。

↑このページのトップヘ